車検は通すか通さないか

出典:イラストAC

どうも~福島のリーマンです。

今回は車検の話です。

車を売る時、車検を気にする人もいると思います。

車検に出さないと売れないのかって考える人もいると思います。

でも、車検はどれくらい残っているかで出すか出さないかを判断した方が良いです。

もし車検が1年以上残っているなら出してから売った方がプラス査定になる可能性があります。

しかし、車検が1年を切ってしまっているならプラス査定になる可能性は低くなるので、確認しながら売ることを検討しましょう。

もし車検が2ヵ月を切ってしまっていて、もう出さないといけないっていう状況の場合は、むしろマイナス査定になってしまう可能性があるのです。

なので、車検時期が近いなら車検費用が返ってこない可能性があるので、できれば出すのは避けましょう。

もし車検が切れてしまっていたとしても、車を売ることはできるので、安心してくださいね。

ただし、車検が切れた車は公道を走ることはできないので、別途運搬費用がかかってしまうことがあるので、気をつけましょう。

また、気をつけたいのは、車検切れの車を長く放置しておかない事です。

車検が切れた車を売ることはできても、長い期間放置してしまうと、査定に大きく影響してしまう事になります。

具体的には車検が切れてから1年以上経過すると、マイナス評価にされてしまう事になります。

何故かと、言うと、車検が切れると公道を走ることが許可されていないので、動かすことがなくなります。

そうなると、パーツの劣化や錆びてしまっている可能性が高いので、査定時に評価がつけられなくなってしまうのです。